翻訳検知
メニューを閉じる ×

【小説】お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について(2)

  • 【小説】お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について(2)
  • 【小説】お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について(2)

770円(税込)

0ポイント獲得!

2021/09/01 発売

販売状況: 残りわずか

個数 

「書籍商品」5,500円(税込)以上お買い上げで送料無料!

※カートボタンに関する注意事項

コード:9784041112915

KADOKAWA/角川スニーカー文庫/桜木桜/clear

コード:9784041112915

KADOKAWA/角川スニーカー文庫/桜木桜/clear

商品詳細

夏祭り。お泊り。縮まる二人の距離――。「私、由弦さんのことが……好き」

 夏祭りにいったり、映画を観たり、と甘い時間を重ねているうちに少しずつ心の距離が縮まっていく由弦と愛理沙。
 いつものように由弦の家で愛理沙の手料理を食べたり、ゲームをして過ごしていると、突然雷が落ち停電する事態に。すると、幼少期のトラウマを思い出した愛理沙が「今日は……帰りたくないです」と、半ば強引に由弦の家に泊まることを決める。
 初めてのお泊りに緊張する中、由弦が別々の部屋で寝ようと準備していると、頬を赤らめた愛理沙から「同じ部屋で一緒に寝てくれませんか……?」と頼まれて……!?
 嘘の婚約から始まる焦れ焦れ甘々ラブコメディ、第二幕です。

関連する情報

カートに戻る