翻訳検知
メニューを閉じる ×

【小説】恋は双子で割り切れない(4)

  • 【小説】恋は双子で割り切れない(4)
  • 【小説】恋は双子で割り切れない(4)

748円(税込)

0ポイント獲得!

2022/07/08 発売

販売状況: 残りわずか

個数 

「書籍商品」5,500円(税込)以上お買い上げで送料無料!

※カートボタンに関する注意事項

コード:9784049144611

KADOKAWA/電撃文庫/高村 資本/あるみっく

コード:9784049144611

KADOKAWA/電撃文庫/高村 資本/あるみっく

商品詳細

恋の答えは、もう保留できない。――すれ違う想い、夏。
那織を部屋に泊めたことが親にバレた!
しかもあいつ、下着をわざと忘れて母さんの目につく場所に仕込みやがったっ!! いや、落ち着け。
考えるんだ白崎純。明らかに疑われているが、実際そういうことはしていないんだから。

だがこの一件を知った琉実は言う。
「あの日できなかった続き、しよ?」

そして日増しに積極的になる那織。
「我慢出来なくなったって良いよ」

もう引き返せない場所へと踏み入ってしまった実感がある。
だが僕はまだ、どう向き合うべきか答えを出せていない。
そんな中途半端な態度のせいで、那織と衝突して喧嘩に発展してしまう。
琉実が仲裁に入ろうとしてくれるが、さらなる一波乱があり……?

関連する情報

カートに戻る