翻訳検知
メニューを閉じる ×

【小説】RIGHT×LIGHT(12) ~繋がる声と届く指先~

  • 【小説】RIGHT×LIGHT(12) ~繋がる声と届く指先~
  • 【小説】RIGHT×LIGHT(12) ~繋がる声と届く指先~

649円(税込)

0ポイント獲得!

2011/05/18 発売

販売状況: 取り寄せ

個数 

「書籍商品」5,500円(税込)以上お買い上げで送料無料!

※カートボタンに関する注意事項

コード:9784094512748

小学館
ガガガ文庫
ツカサ
近衛乙嗣
ISBN:9784094512748

コード:9784094512748

小学館
ガガガ文庫
ツカサ
近衛乙嗣
ISBN:9784094512748

商品詳細

<ストーリー>
長き物語がいよいよ終結する!!

「へ……? 夢?」
僕の記憶は、アリッサを覆い隠した緑の蔦が迫ってきたところで途切れた――。
そして再び瞼を開くと、そこにはアリッサの姿も未由の姿もなく、
ただ懐かしい町――故郷の奈波の景色がどこまでも広がっていた。
そのなかにぽつりと由衣だけが居る。
「この町は、お兄ちゃんの見てる夢。でも、ただの夢じゃないよ。異界の天使が
創り出した「幸せな世界」。光る葉に願った人たちが見る幸せな夢」
僕は思い出す。三年前の海難事故こそが僕の最大の不幸だった。
だからいま目の前には事故が起こらなかった世界が創られている。
アリッサもいない。未由もいない。でもここでは両親と由衣が生きている、
ずっと求めてやまなかった「当たり前の日常」が続いている。僕が現実に
絶望したから――この「不幸」が存在しない場所に僕は囚われてしまったのか。
あの時――アリッサの剣は折れ、エノクの樹に取り込まれた。その後どうなったのか、
いくら記憶を辿っても思い出せない。もしかしたらここはエノクが神になった
あとの世界なのかもしれない。全てはとっくに手遅れなのかもしれない…。
壮絶なる魔法戦、決着! ケースケとアリッサ、そして未由の未来は…!?

関連する情報

カートに戻る